革鞄工房ヘルツのこだわり

一人の職人が最後まで

ヘルツでは他のブランドでは真似できないような商品を作る為に、お客様からの要望があればオーダメイド形式で作成していきます。
この革を使って欲しい、こんなデザインにしてほしいなどご希望にできるだけ添える形で作っていきます。
工房では通常よくあるような分担制ではなく、皮選びから裁断、作成など最後の最後まで一人の職人が責任を持って行います。

これは、一人の職人が最初から最後まで作った方が商品のブレが少なくなり、結果的に耐久性のある一生ものの鞄になるからです。
分担制であるとどうしても作成していくにしたがって作品の小さなブレが積み重なり、小さなミスや耐久性が低い商品になってしまうので、ヘルツでは一人の職人だけが携わります。

職人は確かな技術と経験でお客様が求める商品を時間をかけて作成していきます。
全国各地にある工房では日々職人達が働いています。
その様子を見る事もできますし、工房では新しい作品が並ぶことが多いですので、行く度に違う商品があることも少なくありませんので、一度足を運んでみてください。